HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 2022年3月上旬号

健保ニュース

健保ニュース検索

2022年3月上旬号

自民党の厚生労働部会は2月17日、電子処方箋の仕組みの創設を盛り込んだ薬機法等改正案について、今国会への提出に向けた事前の法案審査を行い、部会長一任で了承した。

4年度改定の「リフィル処方箋」導入
健保組合 レセプト分析が改革を体現
機能強化加算の見直し契機にも

令和4年度の診療報酬改定では、症状が安定している患者について、医師と薬剤師の適切な連携のもと一定期間内に処方箋を反復利用できる「リフィル処方箋」の仕組みが導入された。健保連が診療報酬改定を視野に入れ、「政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究」にもとづき提言してきたテーマの1つであり、保険者機能の発揮による健保組合のレセプト分析が制度改革を体現した格好となった。他方では、「機能強化加算」の要件...

... 続きを読む

4年度予算への「建議」反映状況
財政審 リフィル処方箋導入など評価
引き続き適正化が検討課題

財務省の財政制度等審議会(榊原定征会長)は2月16日、会合を開き、「令和4年度予算の編成等に関する建議」の4年度予算等への反映状況について確認した。財政審が昨年12月3日に取りまとめた「秋の建議」は、社会保障関係費について、「高齢化による増加分に相当する伸びにおさめる必要がある」と明記。そのうえで、▽診療報酬本体のマイナス改定を続けることなくして医療費の適正化は到底図られない▽なんちゃって急性期病床を見直...

... 続きを読む

自民党・女性の生涯の健康に関する小委員会
ワコール健保が保健事業の取組発表
がん検診を強化

自民党の「人生100年時代戦略本部女性の生涯の健康に関する小委員会」(委員長・高階恵美子衆院議員)の会合が2月16日に開催され、同会合にてワコール健保組合が実施している「女性の健康に関する取り組み」についての事例発表を行った。ワコール健保組合は、昭和47年に設立され、現在の被保険者数は約5500人。この日、説明に立ったワコール健保組合の須山夕輝子健康開発チーム課長(保健師)は、従業員の約90%が女性で、そのうちの約...

... 続きを読む

電子処方箋の仕組み創設へ
自民党厚労部会
薬機法改正案を了承

自民党の厚生労働部会(牧原秀樹部会長)は2月17日、電子処方箋の仕組みの創設を盛り込んだ「医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保等に関する法律等の一部を改正する法律案」(薬機法等改正案)の法案審査を行い、部会長一任で了承した。3月上旬の国会提出をめざし、与党内の法案審査を進めていくこととした。電子処方箋は、オンライン資格確認等システムを拡張し、現在紙で行われている処方箋の運用を電子で実施す...

... 続きを読む

令和3年度上期の概算医療費
前年同期比6.2%増の22兆円
コロナ前と比べ0.6%上昇

厚生労働省はこのほど、「最近の医療費の動向(メディアス)」令和3年度9月号を公表した。3年4~9月の3年度上期概算医療費は21.8兆円で、前年同期比6.2%上昇。新型コロナウイルス感染症に伴う患者の受診控えなどが影響した2年度上期の同5.2%減から反転し、概算医療費は1.3兆円増えた。他方、医療費に大きな変動がなかったコロナ禍前の元年度上期と比較しても、前々年同期比0.6%増の0.2兆円増加しており、3年度下期の動向が注視...

... 続きを読む

健保連・新型コロナ調査
健保組合加入者 職域接種が2割
現役世代で利用率高く

健保連は2月25日、新型コロナウイルスワクチンの接種状況や接種に対する意識および医療機関へのかかり方などを把握することを目的に実施した「新型コロナウイルス感染症拡大期における受診意識調査」の結果を発表した。それによると、2回目の新型コロナウイルスワクチンの接種場所は、1割が職域接種会場で、健保組合加入者に限ると、倍の2割が同会場で接種していたことがわかった。健保組合加入者の接種場所のなかで、職域接種会...

... 続きを読む

財務省推計
4年度国民負担率は46.5%
社会保障負担18.7%

財務省は2月17日、国民所得に占める税と社会保険料の負担割合を表す令和4年度の国民負担率が、3年度に比べて1.5ポイント低くなり、46.5%になるとの見通しを公表した。7年ぶりの低下となる。4年度の国民所得に占める国と地方の財政赤字の割合は、同2.4ポイント減の10.3%で、国民負担率に財政赤字を加えた潜在的国民負担率は同3.8ポイント減の56.9%になると推計した。国民負担率の内訳は、社会保障負担率が同0.6ポイント減の18.7%、租税負担...

... 続きを読む

令和3年度体力つくり優秀組織表彰
電設工業健保が文部科学大臣賞
ブラザー健保が国民会議議長賞を受賞

地域や職場における保健・栄養の改善およびスポーツ・レクリエーションの普及活動(体力つくり運動)を推進し、顕著な業績をあげている組織を顕彰する「令和3年度体力つくり優秀組織表彰」(主催・体力つくり国民会議)の被表彰組織がこのほど決定し、電設工業健康保険組合(北爪敬治理事長・東京都)が最上位の「文部科学大臣賞」、ブラザー健康保険組合(小池利和理事長・愛知県)が「体力つくり国民会議議長賞」をそれぞれ受賞...

... 続きを読む

バックナンバー

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.