HOME > 知って得する!?健康保険 > 特定健診・特定保健指導

このエントリーをはてなブックマークに追加

特定健診・特定保健指導

国民医療費の約3割、日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病。 特定健診とは、こうした生活習慣病の予備群といわれるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して行うもので、40歳から74歳までのすべての方が対象です。

健診結果から保健指導が必要とされた方には、専門スタッフ(医師、保健師、管理栄養士など)によるサポートが行われます。これを特定保健指導といいます。

健保連では、健保組合の加入者の方がスムーズに特定健診を受けられるよう、健診機関の団体と契約しています。健保連が契約している、特定健診の受診が可能な医療機関を検索することができます。

特定健診等実施施設検索はこちら

特定健診・特定保健指導啓発動画「聞こえないメッセージ」

生活習慣病(糖尿病・脂質異常症・高血圧など)は、痛みや自覚症状が出にくいため、気が付かないまま病状が進行する可能性があります。この動画は、定期的な健診や重症化前に保健指導を受けることの必要性を気付かせるための啓発動画です。ぜひご利用いただき、健診・保健指導の重要性を啓発してください。

啓発用のチラシもぜひ、ご活用ください。

チラシを見る

特定健診・特定保健指導の流れ