HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 健保ニュース 2021年10月中旬号

健保ニュース 2021年10月中旬号

厚労相に後藤茂之氏が就任
新型コロナ対策に全力を傾注

岸田文雄首相は4日、新たな内閣で厚生労働相に自民党で新型コロナウイルス感染症対策本部座長を務める後藤茂之氏を起用した。

また、同党の山際大志郎経済再生担当相が新型コロナ対策や「新しい資本主義」、全世代型社会保障改革なども担当する。

後藤厚労相は5日、専門誌が加盟する厚生日比谷クラブでの就任あいさつで、「新型コロナウイルス対策について、国民の命と暮らしを守るために重要な課題であるので、これに全力を傾けていきたい」と強調した。具体的に岸田首相の指示を踏まえ、関係閣僚と協力しつつ、新型コロナウイルス感染症のワクチン、治療薬の実用化と確保、病床および医療人材の確保、在宅療養者に対する対策の徹底、検査の拡充などに取り組む考えを示した。

また、引き続き全世代型社会保障改革を推進するための検討を進める重要性も指摘した。

就任あいさつ後の同日の記者会見では、令和4年度診療報酬改定に向けて、医療機能の分化・強化、連携や医師の働き方改革など従来からの主要事項に加えて、今回は新型コロナなど感染症対応、さらに不妊治療など新たな課題についても検討テーマになると指摘した。

また、岸田首相が重視する医師や看護師、保育士などの所得向上に向けた公的価格のあり方の抜本的見直しについては、医療従事者などが一層活躍できる方向で厚労省として具体化を検討する意向を示した。

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.