HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 2016年3月中旬号

健保ニュース検索

2016年3月中旬号

厚生労働省は4日、28年度診療報酬改定に関する説明会を開催した。28年度改定は、入院医療における患者像評価の見直しや外来・調剤の「かかりつけ機能」の重視、在宅医療の充実など、医療機能の分化・強化、連携を推進する。

厚労省が28年度診療報酬改定の説明会

塩崎恭久厚労相は4日、28年度診療報酬改定を告示した。厚労省は関係通知を発出し、同日の説明会で改定の重点項目などを示した。唐澤剛保険局長は、28年度改定を地域包括ケアシステム「元年」と総括し、地域における総合的なチーム医療の実現をめざすと強調した。

医療介護総合確保方針の改定へ論点─厚労省

厚生労働省は9日、医療介護総合確保方針の改定に向けた論点を、自治体、保険者、医療・介護関係者らで構成する医療介護総合確保促進会議に提示した。30年度に同時改定する医療計画と介護保険事業計画の整合性を確保することや、医療・介護連携の核となる人材を重視した。

全国基金審査委員長・支部長会議を開催

社会保険診療報酬支払基金は3、4両日、全国基金審査委員長・支部長会議を開催した。河内山哲朗理事長は、政府の規制改革会議が審査の効率化と統一性の確保を求めるなか、ICTの活用に前向きに取り組む考えを示した。審査の納得性には審査委員の経験にもとづく判断が不可欠と主張した。

バックナンバー

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.