HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 2016年2月中旬号

健保ニュース

健保ニュース検索

2016年2月中旬号

中医協は10日の総会で、平成28年度診療報酬改定の答申をまとめ、田辺会長から竹内厚労副大臣に提出した。7対1入院基本料など急性期病床の絞り込みのほか、外来・調剤の「かかりつけ機能」の重視など、患者像や医療提供の実態に則した評価、要件を盛り込んだ。

中医協が28年度診療報酬改定を答申

中医協は10日、28年度診療報酬改定の答申をまとめた。政府の社会保障・税一体改革がめざす2025年の地域包括ケアシステムの完成に向け、医療機能の分化・強化、連携を推進する。争点だった7対1入院基本料の重症患者割合は原則25%に引き上げ、対象患者を絞り込む。

急性期の要件厳格化を評価─支払側会見で幸野理事

中医協の支払側委員は10日、診療報酬改定の答申後に記者会見した。健保連の幸野庄司理事は、診療報酬本体のプラス改定を「誠に遺憾」としたが、個別項目については、「全体的には良い内容」と評価し、7対1入院基本料の要件厳格化を成果にあげ、30年度改定へ議論を継続する決意を表明した。

都道府県の国運協に被用者保険代表─厚労省通知

厚生労働省は、改正国保法にもとづき、国保運営協議会がこれまでの市町村に加え、都道府県に設置されるのを踏まえ、同協議会の委員構成などをまとめ、1月26日付で都道府県に通知した。都道府県の同協議会は、被用者保険代表を必ず委員に選任することとした。

バックナンバー

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.