HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 2015年11月下旬号

健保ニュース検索

2015年11月下旬号

健保連の幸野庄司理事は18日、診療報酬改定に関する要請書を提出後の記者会見で、社会保障費の伸びを抑制する政府目標について、「診療報酬にメスを入れなければ、小手先では対応できない」と主張。健保連の見解として、診療報酬本体のマイナス改定を望む考えを示した。

診療報酬のマイナス改定を提起─保険者関係6団体

健保連など医療保険者関係6団体は18日、「平成28年度診療報酬改定に関する要請」を塩崎恭久厚生労働相に提出した。薬価と材料価格を含めたマイナス改定を提起し、薬価等の引き下げ分は診療報酬本体に振り向けず、国民に還元することを求めた。

健保連、全国健保協会が国保改革で共同要望

健保連と全国健康保険協会は20日、「国保改革の施行に関する要望」を厚生労働省の唐澤剛保険局長に提出した。30年度からの国保の都道府県化に合わせ、都道府県の国保運営協議会への被用者保険代表委員の参加を必須とすることなどを要請した。

保険者努力評価の共通指標は8項目─厚労省検討会

厚生労働省の「保険者による健診・保健指導に関する検討会」は16日、30年度に実施する予防・健康づくりにかかる保険者努力評価の共通指標を議論した。厚労省は、特定健診・保健指導実施率など8項目をあげ、具体的な取り組みや評価方法を例示した。

バックナンバー

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.