HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 2014年7月中旬号

健保ニュース

健保ニュース検索

2014年7月中旬号

健保連は4日の第471回理事会で、25年度の健保連事業報告や健保連一般会計収入支出決算、各特別会計収入支出決算など20議案を審議し、原案どおり了承した。18日の総会に諮り、正式決定する。

主張・要求の実現へ要請活動を強化─大塚会長

健保連の大塚陸毅会長は、4日に開催した理事会で、高齢者医療への公費投入を柱とする主張・要求の実現へ要請活動をさらに強化していく考えを示した。また、広く理解を得るために「わかりやすさ」に重点を置いた活動を展開していく必要があるとした。

健保連が高齢者医療の公費拡充を要望─自民党・医療PT

健保連の白川修二副会長は10日、自民党の社会保障制度に関する特命委員会・医療に関するプロジェクトチームに出席し、27年の医療保険制度改革に向けた健保連の要望事項を説明した。高齢者医療の負担構造の見直しを最重点課題に位置づけ、公費拡充を要請した。

初再診料相当の患者負担を導入─医療保険部会

社会保障審議会・医療保険部会は7日、紹介状なしで大病院を受診した外来患者の負担の見直し議論に着手した。大病院の外来集中の是正と保険給付の範囲縮小を狙いに、現在の一部負担に加え、少なくとも初・再診料相当の定額負担を患者に求めることを論点に議論を詰める。

バックナンバー

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.