HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 2011年 1月下旬号

健保ニュース検索

2011年 1月下旬号

高齢者医療改革法案は「検討中」

 今通常国会への厚労省所管の提出予定法案が固まった。後期高齢者医療制度の廃止と新制度の創設を柱とする「国民健康保険法等改正案」は「検討中」との取り扱いにとどめた。国保の県単位化や70~74歳の自己負担2割への見直しなど、反対意見の調整が難航している。

6月の成案へ集中検討会議を設置 ―政府・与党検討本部

 政府・与党社会保障改革検討本部(本部長・菅直人首相)は21日、社会保障と税の一体改革について、国民的議論のオープン化などを目的に、検討本部のもとに「社会保障改革に関する集中検討会議」を設置することを決めた。また、この日の会合で菅首相は、当初の方針どおり6月までに成案を得るよう関係大臣などに対し「総理指示」を出した。

菅第2次改造内閣が発足 ―社会保障・税一体改革を政策課題

 菅首相は14日、菅第2次改造内閣を発足させた。最重要課題の1つである社会保障と税の一体改革の実現に向け、与謝野馨氏を社会保障・税一体改革担当相に起用。枝野幸男官房長官ら4氏が新たに入閣し、細川律夫厚生労働相ら11閣僚は留任した。

地方と連携の厚労行政へ ―全国厚生労働部局長会議

 厚労省は20、21両日、「全国厚生労働部局長会議」を開き、各局所管の23年度予算案や関係制度、施策の見直しの趣旨などを説明した。冒頭、小林大臣政務官は、厚労行政全体の課題を総括し、政務3役を先頭にした厚労省と地方団体の連携に期待した。

バックナンバー

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.