HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 2010年 4月下旬号

健保ニュース検索

2010年 4月下旬号



健保連会長に平井克彦氏を再選―第181回臨時総会

 健保連は15日、第181回臨時総会を開き、新役員を選出した。会長に平井克彦氏を再選。副会長は安田、出版の両健保組合と大阪連合会の安藤力氏、専務理事には白川修二氏が就任した。平井会長は再任のあいさつで、一致団結した行動で難局に対峙していくとの決意を表明した。

国保法等改正案が参院審議入り

 「肩代わり」案を含む国保法等改正案は、衆院の可決を経て参院に送付され、16日の参院本会議で審議入りした。長妻厚労相は改めて「肩代わり」との批判を否定したうえで、健保組合の財政状況を考慮し、財政支援や所要の措置を講じると明言した。

高齢者医療制度改革会議が議論を一巡

 「高齢者医療制度改革会議」は14日、5回目の会合を開き、総論と個別の論点の議論を一巡した。新制度に対する意識調査の実施も決め、夏の中間まとめに向けた作業に軸足を移す。公費負担の拡充を支持する意見が大勢を占めており、取り扱いが注目される。

市町村国保は全ケースで負担増―高齢者医療制度の新試算

 厚労省は、14日の高齢者医療制度改革会議に65歳以上の全高齢者が国保に加入する案をベースに新たな財政試算を提示した。現役被保険者や被扶養者、公費投入の対象年齢を組み合わせた9通りの試算で、市町村国保は全ケースで負担増となる。

バックナンバー

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.