健康コラム

かしこい患者になろう〜患者の悩み相談室〜 By COML vol.52

「かしこい患者になりましょう」を合言葉に、患者中心の開かれた医療の実現を目指す市民グループ「COML(コムル)」が、読者からの電話医療相談に丁寧に答えていきます。

【相談担当】
NPO法人ささえあい医療人権センター
COML(コムル) 山口 育子

入院継続か退院か? 病院の説明が少なく判断に迷う

相 談約2カ月前、77歳の父が脳梗塞を発症して急性期病院に運ばれ、入院しました。脳梗塞は小脳部分に起きたため、起き上がることもできない状態です。発症から約1カ月後に、現在入院している回復期リハビリテーション病棟に転院しました。

ところが、その病院で新型コロナウイルスに感染した患者が複数発生し、理学療法士や作業療法士は濃厚接触者なのか感染したのか分からないのですが、ほぼ全員自宅待機でリハビリができない状況になっているらしいのです。どうやら感染者は、父が入院している階とは異なる階の病棟で発生したそうですが、担当医が父のベッドサイドにやってきて、「当院の入院患者にコロナ感染者が出たのですが、このまま入院を継続しますか? それとも退院しますか?」と尋ねたそうです。父の印象では「説明」というより、「気楽に声をかけられた」という感じだったと電話をかけたときに言っていました。

その後、看護師から私(息子)に電話がかかってきて、「お父さんから聞いておられると思いますが、どうなさいますか?」といきなり聞かれたのです。リハビリはまだ半分も進んでいないと聞いていますので、とても退院などできないと思うのですが、私が判断しないといけないのでしょうか。

回 答山口育子(COML)

昨年の年明けから新型コロナウイルスの感染拡大が起こり、当初は感染を恐れて過度な受診控えをした結果、症状が悪化したという相談が多く届きました。それは次第に落ち着きましたが、その後ずっと続いているのが、入院患者への面会禁止によって、家族が入院患者や医療者と十分なコミュニケーションを取れないことへの不安や疑心暗鬼となっていることなどの相談です。

この方の場合も、院内でのクラスター発生の状況について病院からの十分な説明もなく、入院か退院かを迫られるというのは、患者や家族が選んだり、意思表示したりするにはあまりにも情報が不足しています。退院できない場合は、ほかの病院への転院が可能なのかどうかも不明でした。したがって、まずは病院から十分な説明を受けたい旨を申し出てはどうかとアドバイスしました。

認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

「かしこい患者になりましょう」を合言葉に、患者中心の開かれた医療の実現を目指す市民グループ

詳しくはCOMLホームページへ https://www.coml.gr.jp/

電話医療相談 大阪:TEL 06-6314-1652
〈月・水・金 9:00〜12:00、13:00〜16:00(15:30受付終了)〉 ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日に振り替え
〈土 9:00〜12:00〉

バックナンバー