HOME > 健康コラム > 腰痛予防にオフィスでイスヨガ

腰痛予防にオフィスでイスヨガ

ヨガの時間「腰痛予防にオフィスでイスヨガ」

長時間のパソコン作業やデスクワーク。同じ姿勢を取り続けることで、肩こりや腰痛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特に腰痛予防にはお尻や腰回りの筋肉をほぐすことが大切です。今回はオフィスのイスに座ったまま手軽にできる腰痛予防と緩和に役立つイスヨガをご紹介します。

  1. 1、 オフィスチェアの背もたれに背中をつけないように浅く座ります。足を床につけ、腰と背中をまっすぐ伸ばし、肩の力を抜きます。

  2. 2、 右足を上に足を組み、左手で右足の外側をつかみます。右手はお尻より深い位置でイスをつかみましょう。(スカートの場合は、足を軽くのせる程度で構いません)

  3. 3、 左手で右足をぐっと左へ引きながら腰と上半身を右へねじり、徐々に顔も右真横へ向けていきます。

  4. 4、 右手をイスの背もたれにかけ、痛くない程度の位置までさらに腰をねじります。

  5. 5、 右手を後頭部に当て、後ろを振り向くイメージで肘を引いて胸を開きながら腰をねじります。ゆっくり戻り、3秒ほど休みます。反対側でも同様に行い、左右交互に2~3回程やってみましょう。

  6. 6、 さらにチャレンジしたい人は、写真のように組足の位置を高くして行ってみましょう。ヒップとももの引き締めにも一役!

※全体を通して息(呼吸)を止めないようにしましょう。
 ねじっていくときに息を吐くと心身の緊張が和らぎます。
※ねじる角度は無理なくできる範囲で、体調に合わせて行いましょう。

薄(すすき) 久美子さん:ビジョンヨガインストラクター。ヨガ教室「♪ハーモニースペースdeヨガ」主宰。音楽とヨガのセッションイベントでも活躍。著書に『いたきもヨガダイエット』(KKべストセラーズ)、『耳ひっぱりで体が変わる』(実業之日本社)等。