HOME > けんぽれんの刊行物 > 健康保険 > 2020年2月号

健康保険

健康保険

「健康保険」のバックナンバーの内容(一部)がご覧いただけます。

一部試し読みする

2月号のご紹介

■特集※試し読みはできません

「第2期データヘルス計画」 中間評価・見直しに向けて

加入者の健康に目を向けたいのに、財政難や2022年危機などへの対応に追われ「データヘルス計画」による保健事業に十分な人手が割けない──。そんな健保組合も多いのではないでしょうか。しかし、その積み重ねは加入者の健康にとどまらず、わが国における社会課題の解決にもつながる重要な取り組みです。 政府は骨太方針2018(1)で社会保障政策のトップに「予防・健康づくりの推進」を掲げ、データヘルス計画の普及による健康寿命の延伸をうたっており、健保組合は保険者の中でもそのけん引役として期待されています。

本稿では、「第2期データヘルス計画」に向けた健保組合の中間評価・見直しに向けた取り組みについて記載しています。

■主な連載☆は試し読みができます

視点 「100年時代」の全世代型社会保障と健康・安全
時の流れ 社保改革は「待ったなし」 首相、施政方針で意欲示す
健康経営最前線!
企業の元気は社員の健康づくりから
佐久間特殊鋼株式会社
「物心両面の幸せ」追求し健保組合とともに健康経営推進

前月号のページ   次月号のページ

「健康保険」のご購入はこちら

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.