HOME > けんぽれんの刊行物 > 健保ニュース > 健保ニュース 2021年9月下旬号

健保ニュース 2021年9月下旬号

健保連・都道府県連合会、健保組合
10月に「健康強調月間」を実施
コロナ踏まえた事業を展開

健保連と健保連都道府県連合会、健保組合は、10月1日からの1か月間を「健康強調月間─生活習慣病予防普及月間─」として、健保組合加入者の健康づくりに関する各種事業を展開する。

健康強調月間は、昭和39年の東京オリンピック後に国が提唱した体力つくり国民運動の気運の高まりを契機に始まり、41年から毎年10月に実施されている。加入者の健康保持・増進を図るため、健康づくりに関する各種事業を50年以上にわたり展開。特定健診・保健指導の制度化以降は、生活習慣病予防の普及・啓発強化月間と定め、健康無関心層へ生活習慣の改善を促すとともに、1人ひとりの健康寿命延伸につなげる活動を実施している。

第56回目を迎える今年度は、依然として感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響を考慮し、健保連・都道府県連合会・健保組合が一丸となって感染症対策に重点を置いた事業展開を図る。新型コロナの感染拡大を機に加速する就業環境の多様化とそれに伴う生活習慣の変化を踏まえた事業形成を図るとともに、深刻化する健康不安の解消の一助となる情報提供等を行い、国民のヘルスリテラシーを底上げする。同月間の実施要綱や関連資料はイントラネットですでに都道府県連合会、健保組合に提供しており、現下の情勢に合わせた事業展開を求めている。

第56回健康強調月間の事業は、▽厚生労働省、スポーツ庁、健康日本21推進全国連絡協議会、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、中央労働災害防止協会の後援▽日本赤十字社、公益財団法人結核予防会、一般社団法人日本病院会、公益社団法人全日本病院協会、公益社団法人日本人間ドック学会、一般社団法人日本総合健診医学会、特定非営利活動法人日本人間ドック健診協会の協力─のもと実施する。

けんぽれんの刊行物
KENPOREN Publication

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

健康保険組合連合会

Copyright(c)2015 KENPOREN. National Federation of Health Insurance Societies. All rights reserved.