HOME > 知って得する!?健康保険 > 健康診断の結果をみてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康診断の結果をみてみよう

健診結果には、自分の健康状態を知るための情報が記載されています。健診結果をもらったら、まずは自分で結果を確認して健康状態を知ることが大切です。 もしも基準値から外れている場合は、以下を参考にして、普段の生活習慣を見直してみましょう。

監修:公益社団法人 日本人間ドック学会

特定健診の検査項目
診察/服薬歴、喫煙歴、自覚症状、他覚症状
身体計測/身長、体重
詳細を見る 身体計測/BMI・標準体重★

BMI

BMIとは、身長と体重のバランスを表す指標で
(体重㎏)÷(身長m)÷(身長m)で算出されます。

正常基準値18.5~24.9

25以上になると肥満ぎみとなります。肥満は、生活習慣病と深く関係しています。肥満ぎみのときは、適度な運動と摂取エネルギーを見直しましょう。

摂取エネルギーを制限する

バランスよく食べること、炭水化物の摂りすぎに注意

早食い・大食いは厳禁

バスや電車は一駅歩く

なるべく階段を使う

計測/腹囲★
詳細を見る 血圧/収縮期(最高)★、拡張期(最低)★

血圧

血圧とは、心臓が血液を送り出す際、血管に加わる圧力のことです。

正常基準値
〔収縮期〕129mmHg以下
〔拡張期〕84mmHg以下

高血圧の場合、動脈硬化を促進させ、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害や狭心症や心筋梗塞、腎不全などの合併症を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

血圧が高めの人は、次のことに気をつけましょう。

塩分の取り過ぎに注意する…1日6gを目安

禁煙を心がける

食べ過ぎ、飲み過ぎに注意する

詳細を見る 血中脂質検査/中性脂肪★

中性脂肪

中性脂肪とは、エネルギー源としてカラダに貯蔵される脂質です。血液中に増えると、動脈硬化を促進させる可能性があります。

正常基準値130〜149mg/dL

太り過ぎや食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、運動不足によって、高い数値が出ることがあります。

詳細を見る 血中脂質検査/HDLコレステロール★

HDLコレステロール

HDLコレステロールとは、善玉コレステロールと呼ばれ、悪玉コレステロールを運び出す働きがあります。

正常基準値40mg/dL以上

詳細を見る 血中脂質検査/LDLコレステロール・NonHDLコレステロール

LDLコレステロール

LDLコレステロールとは、悪玉コレステロールと呼ばれ、多くなり過ぎると動脈硬化を引き起こす可能性があります。また、動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があります。

正常基準値60〜119mg/dL

Non-HDLコレステロール

Non-HDLコレステロールとは、悪玉コレステロールと呼ばれ、多くなり過ぎると動脈硬化を引き起こす可能性があります。また、動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があります。

正常基準値90〜149mg/dL

脂質が高めの人は、以下のことに気をつけましょう。

肥満ぎみの人は減量すること

肉類やバター・乳製品など動物性脂肪の摂取を控える

コレステロールを多く含む卵黄、レバー、チーズ、バターなどを控え、魚類や豆類をメインにする

糖分と脂肪分の摂りすぎに注意

寝る前に食べない

適度な運動を毎日続ける

ストレスを解消する

詳細を見る 肝機能検査/AST(GOT)、ALT(GPT)

AST(GOT)、ALT(GPT)

AST(GOT)、ALT(GPT)とは、カラダのタンパク質を構成するアミノ酸をつくるのに必要な酵素です。とくに、肝臓に多く含まれます。

正常基準値30U/L以下

AST(GOT)、ALT(GPT)がともに高いときには、肝炎や肝硬変などの肝臓の障害が疑われます。

詳細を見る 肝機能検査/γ-GT(γ-GTP)

γ-GT(γ-GTP)

γ-GTとは、肝臓に含まれる酵素です。

正常基準値50U/L以下

この数値が高くなると、肝臓や胆道系に障害があることが疑われます。たとえば、アルコール性肝障害や脂肪肝などの可能性が考えられます。

γ-GTが基準値を超えたら、以下のことに気をつけましょう。

禁酒が最良、飲み過ぎは厳禁

肉、魚、乳製品、大豆製品から、良質のタンパク質をとる

肝臓の機能を高めるビタミン、ミネラル(緑黄色野菜、海藻など)を十分にとる

肝臓に負担をかけないために防腐剤や着色料を含む加工食品の摂取を控える

詳細を見る 血糖検査/空腹時血糖★ 随時血糖(食後3.5h以上)

空腹時血糖
随時血糖(食後3.5h以上)

空腹時血糖(随時血糖)では、糖尿病の有無を調べます。

正常基準値99mg/dL以下

一定以上の高い血糖値が長期にわたって持続すると、糖尿病予備群あるいは糖尿病が疑われます。糖尿病が進むと、血管に障害を及ぼし、動脈硬化を助長し、腎臓や網膜、末梢神経に障害を与えたり、心筋梗塞や脳梗塞の危険因子となったりします。

詳細を見る 血糖検査/HbA1c★

HbA1c(NGSP)

HbA1cとは、ヘモグロビンとブドウ糖が結合したものです。採血前約1カ月間の血糖値の状況がわかります。

正常基準値5.5%以下

HbA1cは空腹時血糖と同様に値が高い時は糖尿病予備群あるいは糖尿病が疑われます。HbA1cが高めの人は、以下のことに気をつけましょう。

動物性脂肪の多い食品やご飯・麺類などの炭水化物を控える

歩く習慣をつける

動脈硬化による血管合併症などの合併症を予防するために、食生活に気をつける
・植物性タンパク質を多くとる
・食物繊維を積極的にとる
・塩分を控える

血糖検査/随時血糖★
詳細を見る 血液学検査/血色素量(ヘモグロビン量)

血色素量(ヘモグロビン量)

血色素量は、貧血を見つけるための検査です。

正常基準値
男性 13.1〜16.3g/dL
女性 12.1〜14.5g/dL

赤血球には細胞に酸素を運び、炭酸ガスを持ちさる「ガス交換」の役割があり、赤血球中に含まれる血色素が主に働きます。
赤血球が減少する要因としては、出血や赤血球をつくるのに必要なホルモンの不足、あるいは骨髄の働きが不良であるなどが考えられます。
血色素が減少する要因としては、鉄分の不足などが考えられ、貧血につながります。

貧血にならないためには、次のことに気をつけましょう。

鉄分を多く含む食品をとる(レバー、赤身肉、あさり、しじみ、大豆、ほうれん草、ひじき、のりなど)

葉酸・ビタミンB12・ビタミンCを多く含む食品をとる(緑黄色野菜、牛、豚レバーなど)

1日3食、規則正しくたべる

尿検査/尿糖
詳細を見る 尿検査/尿蛋白

尿蛋白

尿検査では、尿中に蛋白が含まれているかを調べます。

正常基準値(−)

尿蛋白が陽性(+)の場合、腎臓の障害が疑われますが、発熱や疲労などによって、一時的に陽性になることもあります。

尿蛋白が陽性の場合には、次のことに気をつけましょう。

塩分を控え、薄味にする

カラダを冷やさない

過労を避け、十分な休養をとる

詳細項目 ※医師が必要と認めた場合実施
詳細を見る 詳細項目 ※医師が必要と認めた場合実施/血清クレアチニン検査(eGFR)

血清クレアチニン検査(eGFR)

eGFRは、腎臓の働きを調べる検査です。この検査値は血清クレアチニン値、年齢および性別から計算します。

正常基準値60.0mL/分/1.73㎡以上

eGFRの値が低い場合は腎臓の働きが低下しています。
45mL未満はすぐに医療機関を受診して下さい。

※この表における「正常基準値」は、特定健診・特定保健指導における保健指導判定基準と公益社団法人 日本人間ドック学会の判定区分のA(異常なし)の値に準じたものです。
★がついている項目は、特定保健指導のレベルを判定する際に必要となる項目です(参照:特定健診・特定保健指導とは)。