HOME > 健康コラム > イキイキごはんバックナンバー > 簡単、おいしい!季節メニュー vol.14

イキイキごはん

季節の食材を使った、簡単でおいしいお料理を、料理研究家・川上文代先生がご紹介します。

元気をいただく 簡単、おいしい!季節メニュー vol.14

春キャベツで時短しよう!

キャベツは、大きく分けて、3月から6月くらいまで出回る「春キャベツ」と、年間を通して食べられる「冬キャベツ」の2種類があります。

春キャベツは、形が丸く小さめで、葉の巻きがゆるいのが特徴です。また、水分が多いため柔らかく、味に甘味があります。

サラダなどの生食や浅漬けなどに向いているといわれますが、冬キャベツよりも火がとおりやすい特徴を活かせば、炒め物はもちろんのこと、時間のかかるロールキャベツなどの煮込み料理も短時間で仕上がります。

春キャベツの葉の間に肉だねを詰めた丸ごとキャベツ煮込みも、なんと1時間かからずに柔らかく美味しい料理に早変わりします!

みなさんも春キャベツをうまく使って、いろいろな時短メニューを作ってみてくださいね。

寿春キャベツ(大きい葉)・・・・4枚
合いびき肉・・・・・・・・200g
玉ねぎ・・・・・・・・・・1/4個
バター・・・・・・・・・・小さじ2
パン粉・牛乳・・・・・・・大さじ2
塩・胡椒・・・・・・・・・・・適量
チキンブイヨン・・・・・・2カップ
ローリエ・・・・・・・・・・・1枚
プチトマト赤・黄・・・・・・各4個
  • キャベツの葉は約2分茹でて、水気を切り、芯をそぎ落とす。
  • 小麦色になるまで熱したバターにみじん切りにした玉ねぎを加え、さっと絡めるように炒めて冷ます。
  • ボウルに合いびき肉、(2)の玉ねぎ、塩、胡椒、牛乳に浸したパン粉を入れて全体を混ぜ、4等分にする。
  • (1)のキャベツの葉で(3)の肉だねを包む(ポイント参照)。
  • 鍋にロールキャベツを並べ、チキンブイヨンを注ぎ、塩、胡椒、ローリエを入れて蓋をし、沸騰したら中弱火で40分煮る。
  • ヘタを取ったプチトマトを鍋に入れ、再沸騰したら出来上がり。
新じゃがいも・・・・・・・250g
塩、胡椒・・・・・・・・・・・適量
バター・・・・・・・・・・大さじ1
にんにく・・・・・・・・・・1かけ
ミックスハーブの粗切り
(パセリ、ディル、ミント、イタリアンパセリ、チャービルなどお好みのもの)
・ ・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • にんにくは半分に切って芯を取り、叩いてつぶす。じゃがいもは、たわしでよく洗い、半分に切る。
  • じゃがいもは竹串が刺さるまで茹で、ざるにあげて水気を切る。
  • フライパンにバターとにんにくを熱し、(2)のじゃがいもを入れてこんがりソテーし、仕上げに塩、胡椒、ハーブを加える。
ハーブの
特徴

①イタリアンパセリ:くせがなく万能に使える。

②パセリ:ビタミンやミネラルが豊富。

③チャービル:料理やお菓子のトッピングにぴったり。

④ディル:サーモンマリネによく使われ、さわやかな香り。

⑤ミント:清涼感のある香りが特徴。

ここが
ポイント!
キャベツの葉の芯を手前にして置きます。手前に肉だねをのせてひと巻し、右側を直角に折り重ねて巻きます。巻いていない左側を上にして、垂れている葉をすべて肉だねに押し込んでしっかり固定すると、葉を止める楊枝が要りません。

川上 文代

川上 文代

辻調理師専門学校卒業後、同校職員として12年間勤務。その間、フランスのリヨン校勤務、3つ星レストラン“ジョルジュブラン”での研修などを経験する。1996年渋谷に開設した「デリス・ド・キュイエール 川上文代料理教室」を拠点に、講演、雑誌、新聞などで活躍中。http://www.delice-dc.com/

バックナンバー